③ストレス

≪ストレスとは?≫

生体に、外傷・中毒・寒冷・伝染病・精神的緊張などの刺激が加わったとき、生体の示す反応。俗に、精神的緊張。

身体が緊張状態の事を言います。
緊張状態になると精神的・肉体的に負担になります。
その状態が人間の体にどのような影響を及ぼすかと言うと、自律神経の交感神経と副交感神経のお話になります。


脳から自律神経と呼ばれる神経が出ています。自律神経とは本人の意思とは関係なく体の機能を調整してくれている神経です。例えば、食べ物の消化、循環、発汗・体温調節などですね。これらを調整してくれる神経の事です。
そして、自律神経は交感神経と副交感神経の2つから出来ています。

最近よく自律神経失調症と言う言葉を聞くことがありませんか?

これは簡単に言うと、交感神経と副交感神経のバランスがくずれている状態の事を言います、この二つの神経の絶妙なバランスにより健康な人は普段快適に生活を送れている訳なんです。

≪ストレスの原因は?≫

①仕事が忙しい
②仕事の人間関係
③夫婦の問題
④子供の問題

人がかかわっていることが多いですね!
肩こりの改善はこの原因を取り除くことが一番です!
仕事の人間関係で悩んでいる人は、人間関係が良好にいけば、肩こりは改善出来ます!
けど、そう簡単には、改善出来ないですよね💦では、どうすれば良いのでしょうか?
上記でも述べたように自律神経を調整すればいいのです!

調整すると言っても心臓を止めたり、臓器を止めたり出来ません!

人間は自律神経を調節することが出来ないのです。

けど!唯一制御出来ることがあります!

それは、呼吸なのです。
息を吸うと交感神経が作用し、吐くと副交感神経が作用するようになっています。

交感神経=緊張の神経
副交感神経=リラックスの神経

息を吐くことが、身体をゆるめる唯一の人が出来る作用なのです!

ため息は物凄く良いのです!

≪どうすれば身体はゆるむ?≫

静かなところで、上向きに寝て、深呼吸をします。(目は閉じといた方が良いですね!)
息を吐いた時に副交感神経が作用し身体がゆるんでいることを感じながらリラックスしてください!
深呼吸を続けることで、身体はゆるみ、上向きに寝た時に、床から浮いている所(例えば腰や肩、緊張していると浮いています)が、だんだん床に付くようになってきます!
そうなると、かなり身体がゆるんでいます。体感してみてください。

身体に緊張が強い人は、深呼吸をすることも出来ません!

ゆるむ事が出来れば、肩こりも改善出来ます。

一度お試しあれ~(^▽^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

17年間病院で働いてきた知識を生かし!働く女性・子育てママの肩こりを楽にする専門家!